「Android Wear 2.0」搭載「LG Watch」2モデルと更新可能端末リスト発表

 米Googleは2月8日(現地時間)、ウェアラブル端末のOS「Android Wear 2.0」の正式版リリースと、それを搭載する初の端末になる「LG Watch Style」(以下、Style)および「LG Watch Sport」(以下、Sport)を発表した。

初のAndroid Wear 2.0端末「LG Watch」の2モデル

 新端末は北米で10日の発売。最初の提供地域には日本は含まれない。名称から製造元は韓国LG ElectronicsとみられるがGoogleは「2モデルともGoogleとのコラボで設計された」と説明しており、LGからの正式発表は本稿執筆現在はまだない。

「Android Wear 2.0」搭載「LG Watch」2モデルと更新可能端末リスト発表

「LG Watch Style」(左の3本)と「LG Watch Sport」(右の2本)

 2モデルの大きな違いは、SportはNFCとLTEをサポートする点。また、Sportの方がややサイズが大きい。米国での販売価格はStyleが250ドル(約2万8000円)、Sportは349ドル(米Verizonの2年契約付きでは330ドル)。米国では、VerizonとAT&TがSportを販売すると発表した。

LG Watch SportはVerizonで2年契約付きで329.99ドル

 SportのLTEは、連係するスマートフォンの電話番号と紐付けられたもので、スマートフォンとBluetoothで接続していなくても、スマートフォンにかかってきた電話やメッセージを受信し、通話/返信できる(キャリア側がサポートする必要がある)。

「LG Watch Style」と「LG Watch Sport」の主な仕様
機種名LG Watch StyleLG Watch Sport
メーカーLG Electronics(Googleと協力)同左
OSAndroid Wear 2.0同左
プロセッサQualcomm Snapdragon Wear 2100同左
メインメモリ512MB768MB
ストレージ4GB4GB
ディスプレイ1.2型円形1.38型円形
解像度360×360ピクセル480×480ピクセル
バッテリー容量240mAh430mAh
ボディーカラー Silver、Titanium、Rose GoldTitanium, Dark Blue
サイズ(本体部分)約42.3×45.7×10.79ミリ約45.4×51.21×14.2ミリ
重量 約46g約89グラム
ネットワークWi-Fi、BluetoothWi-Fi、Bluetooth、LTE(2/4/5/13)

Android Wear 2.0の主な新機能と対応端末

 Android Wear 2.0はWWDC 2016で発表され、秋にリリースされる予定だった。

Smart Reply

 主な新機能は、以下の通り。

 Android Wear 2.0にアップデートできる端末は以下の通り。

関連キーワード

LG G Watch | Android Wear | Google | LTE(Long Term Evolution) | スマートフォン | Bluetooth | Verizon | Google Assistant | Google Play | 手書き | NFC(Near Field Communication) | Snapdragon Wear

関連記事

関連リンク

Tags: